TITLE スポンサーサイト --.--.--

 

ENTRY
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【個人撮影】まだ自分の体の仕組みも分かってないロリ少女が援助交際デビュー【オリジナル57分】






【豊島援交さんからの投稿作品】

初めて投稿します。
中年サラリーマンオヤジですが、
趣味でオリジナルSEXビデオを撮っています。

今回の女の子とは、LI●E内の某バンドコミュで知り合いました。
(映像の中で「麻衣」と名乗ってますが、おそらく本名)
プロフィールでJKということは知っていたので、
最初からSEX狙いでした。

他県の子でしたが、コメントのやりとりを重ねて、
時間をかけて仲良くなった甲斐があり、割りとすんなり会えましたね。

会った印象は…とにかく「純真無垢」。
黒髪おかっぱ、化粧っ気の無い顔、屈託の無い笑顔
JCですか?と確認したくなるほど幼く、ロリコンの自分にはもろタイプでした。

今年になってクラスの男子や先輩4人から告白されたという、
とびきりのアイドルルックスの美少女です。
webClip0025.jpg
好きなバンドの話でひとしきり盛り上がり、さらに親密になったところで
「なかなか会えないからエッチしたい」
とかなり強引に押してみましたが、当然なかなか首を縦に振りません。

金を払う気はなかったのですが、止む無く
「援交ならどうかな?」
と誘いをかけると、かなり揺れ動きました。

サポート料金を提示して
「ライブのチケットも高いからね…」「たぶん二度と会わないし…」
などと本人を納得させる言い訳を与えてあげて、
見事、援助交際デビューをさせることに成功しました。

とにかく反応のすべてがウブで、猛烈に可愛いです。
感じやすいという耳を軽く触ってあげていただけで、
ピクピクと痙攣してしまいます。

「ひょっとして耳でイッたの!?」と驚くと
真っ赤な顔でコクりと頷きます。
まだ、自分の体のこともよく分かっていない感じです。
そしてドM。

心の中で「大当たり!」と叫びましたね。

JKが何も知らないのをいいことに、
「教育熱心」な私は次々にエッチ指導しました。

「ストリップのようにゆっくり服を脱げ」
と言えば、恥ずかしさと興奮で顔を真っ赤にさせながら全裸になり、

「お父さんと入っていた頃にように、一緒に風呂に入るぞ」
と言えば、恥ずかしそうに小さな胸を隠しながら従順に従います。

風呂場では「自分でもちゃんとは見たことがない」という大切なオマンコを
ぱっくり広げさせて女子の体の仕組みをレクチャー。
真っ赤に充血した小さなクリトリスと狭い穴にいっぱいイタズラしてあげました。

webmaisample.jpg


その後は、ベッドの上で「二回目」だと言うフェラチオレッスンです。
最初は寝そべっての王様フェラ、さらに仁王立ちになっての正座ご奉仕フェラ。
みるみるテクが上がってくるので、ついでに「ひょっとこフェラ」も教え込みます。

学校でも勉強ができるのでしょうね。
エッチの吸収力もなかなかのものでした。

そして、念願のJKオマンコへの挿入。
月並みな表現ですが、あまりの締りの良さにすぐにイキそうになります。
なんとか堪え、マンコのお肉を拡げるようにピストンして徐々に馴染ませます。

めりめり、めりめり…という卑猥な挿入ピストン音と、
可愛い悲鳴のような声が部屋に響き渡ります。

麻衣のほうも、潤んだ瞳で「次はどうしたらいいですか」と伺ってくるので、
そのまま体を上に乗せて、騎上位。

オチンチンとオマンコが繋がっているところをお互いに確認しながら、
「とってもやらしいね。セックスしてるんだよ」と言って、
ギシギシとベッドを揺らす激しく性器同士をぶつけ合います。

オシリと肛門が大好きな私は、バックでもたっぷり犯しています。
丸みをおびた女の子らしいヒップ、
肉棒を突き刺すたびにヒクつく肛門を見ながらのエッチは絶景でした。

完全に馴染んだ二人の性器から漂うスケベ臭に大興奮しながら、
アヘる麻衣を無視して、思いっきり腰を振ってフィニッシュ。

小さな体のお腹から首筋あたりまでザーメンが飛び散りました。
可愛らしいおへそに溜まった濃厚な精液がとても卑猥に撮れました。

【個人撮影】まだ自分の体の仕組みも分かってないロリ少女が援助交際デビュー【オリジナル57分】

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。